kan

 

清河 恵美 個展 「BEYOND」
Emi Kiyokawa Solo Exhibition

kiyokawa emi

2019.10/29(Tue)~11/10(Sun)
*11/5(Tue) 休廊
12:00-18:00



展覧会によせて -その絵画の変貌―

 日本画という絵画様式を追求してきた清河恵美は、
その習得した技が、いかに現代の表現となり得るかを
模索し、思考錯誤を繰り返しながら、日本画の可能性を
切り開こうとしている。

 画家は画風を確立するとそこに安住するのが常だが、
この画家は違っていた。コンプレッサーによって砂や
岩絵具を吹き飛ばす風紋の作品や、額縁に作画するなど、
実験的な制作を試みた。さらに、四角い画面を捨て去り、
不定形の作品に移行し、古来様式である掛け軸にも
挑戦したのである。キッチュで強烈な色彩を放つ作品だが、
その根底には、花鳥風月を思わせる日本の美意識が
力強く流れているのである。

 ともあれ、この画家の作品を深く見つめていただき、
多くの人に清河芸術を知っていただきたいと願っている。


                京都国立近代美術館長
                     柳原 正樹